室町シュトラッセ


20170609_002 20170609_001 20170609_003 20170609_004 20170609_005 20170609_006 20170609_015 20170609_013 20170609_012 20170609_009 20170609_016 20170609_017 20170609_019 20170609_024 20170609_025 20170609_027 20170609_030 20170609_031

空きビル再生プロジェクト

「室町シュトラッセ」

ビルオーナーの御身内がドイツのメーカーで活躍されているとの事でドイツ語にあやかりました。

シュトラッセとは「通り」の意味。長崎街道という歴史ある通りに面するこのビルを再生、活性化し、ビルから通りへ、通りから街へ、元気を波及出来るようにとの想いを込めて名付けました。

鉄骨3階建て、延べ約370㎡のテナントビル。2014年5月時点で約5年間のテナントが0だったビルを再生。

着手前のビルは1フロア40坪のウナギの寝床の区画。2階へのアクセスは1階からしか行けずとても借り手にとっては使いづらい建物でした。

そこをビルの側面の外壁を解体し、「ビルの正面」を増やしました。

そうする事で入居しやすくなったビルには

1階にはインドカレー屋、コーヒーSHOP、美容室

2階にはグラフィックデザイン事務所、プログラミング事務所、アジアン雑貨店

3階には癒しのサロン、レンタル会議室、ラウンジ

が入り満室状態です。

今では入居者同士がフェスを始めたり、賑わいが戻ってきました。

2階廊下はuruphotoの吉永真利江氏がディレクションを行った「フォトガレリー」になっています。

 

ぜひ皆さんもご来館ください。



コメントを残す